慶應義塾大学21世紀COEプログラム
 日本語  English  Korean
 
  多文化多世代交差世界の政治社会秩序形成―多文化世界における市民意識の動態 Designing toward the Ordering of Political Society in a Multi-cultual and Pluri-generational World  
    
   
 
刊行物
Journal of Political Science and Sociology
 
21COE-CCC では、市民社会、市民意識や多文化世界に関する外国語による査読付き研究誌、Journal of Political Science and Sociologyを年2回刊行している。使用言語は、原則として英語であるが、仏語や独語など日本語以外の他の言語も、必要に応じて認めている。本誌は、現在 Editorial Committee のような編集委員会の下で、4号まで刊行されている。この間投稿者は JPSS Contributors (PDF) に見られるように、世界各国の著名な研究者や新進気鋭の研究者から意欲的に投稿がなされている。論文のテーマは広く政治学、社会学をベースにして様々な視点と問題意識から、市民社会、市民意識研究に取り組もうとする論考が多い(JPSS Contents)。本誌はまた国内ばかりでなく、アメリカ合衆国や英国他、世界各国の主要大学図書館に収められている。

編集委員会は、従来の政治学、社会学、地域研究の成果と、市民社会、世論形成、政治意識といった本拠点の研究テーマを結びつける、新しい研究成果を広く求めている。こうした新しい市民研究の成果が数多く本誌上に発表され、活発な学問的、政策的論議が巻き起こることが期待されている。

Editorial Committee for Journal of Political Science and Sociology (2007年3月)
Editor-in-Chief
Hiroshi Tomita
Deputy Editor-in-Chief
Atsushi Sawai
Editorial Board
Gill Steel(UniversityofTokyo)
Masahiko Asano(TakushokuUniversity)
Mustapha K. El Sayyid(CairoUniversity)
Chung Min Lee(YonseiUniversity)
John Lie(UniversityofCaliforniaatBerkeley)
Hiroshi Ishida(UniversityofTokyo)
Kumiko Haba(HoseiUniversity)
Kohsaku Yoshino(SophiaUniversity)
Neil McLynn(OxfordUniversity)
Toshiro Tanaka
Masao Okonogi
Hideki Watanabe
Masami Sekine
Yoshiaki Kobayashi
Ken Arisue
Yoshihisa Hagiwara
Shinji Yokote
Takeshi Kohno
Mikitaka Masuyama